ペニー純正品と模造品の圧倒的違い、買うならもちろん……

 ペニーを購入する時、ネットで検索すると2,480円だとか3,000円前後でペニーが売られている事に気づくだろう。もちろんこれはペニータイプなどと書かれており純正品では無い

 しかし、純正品との価格の差は見逃せない。ペニーの純正品が8,000円近くする中、こういった模造品は3分の1程度の価格で購入する事ができる。見た目からはほとんど違いがわからない純正品と模造品だが、間違いなく純正品を薦める。今回はどういった違いがあるかを実際に書いていきたい。

 (模造品のほうは知り合いからいただきました)

とにかくデッキの強度が段違い

ペニー純正品を横から見た写真

 まずペニーの純正品を横から見た写真をチェックしてみよう。思っているよりも肉厚であり、少しアーチがあるのがわかるだろうか。とにかくこのデッキの剛性は乗り心地に重要であるのは間違いない。

模造品のミニクルーザー

 こちらは2,480円程度でペニータイプとして売られているものだ。ボードの前面や背面などを見ると違いがわからないが、横方向から見るとあきらかに薄い事がわかる。またボードも水平になっており、剛性に関しては全く別物といった感想だ。

 よくペニーに成人男性が乗るとボードが大きくたわんでしまう、というレビューがあるが、純正品のペニーはそう簡単にはたわんだりしない。模造品のほうはグニャーと曲がるので、乗り降りの際に凄く気になる。

トラックやベアリングの質が悪すぎる

トラックのシャフト部分

 ペニー純正品でデッキ以外にもよく比較されるのは純正のベアリングが良いという点だ。ペニー純正品はABEC7ベアリングを使っているのだが、この規格の数字が高いほど性能が良いとされている。ペニータイプなどのベアリングにはABEC9や11といった7よりも優れている数値が記載されているが、同じメーカーの数字で見なければほとんどアテにならないだろう。

ペニースケートボードが販売しているABEC3と7では性能に違いがあるのは確かだが、無名メーカーのABEC9とペニーのABEC7では間違いなくペニー製品のほうが高性能だろう。

模造品のトラックシャフトはガタガタ

 続いて模造品のトラック、特にシャフト部分の精度について見てみる。このベアリングやウィールを付ける部分をシャフトというのだが、この部分が綺麗な円柱では無い。純正品はベアリングを付けてもほとんどブレが無いのだが、模造品は作りが荒いのか、ベアリングを付けてもガタガタである

 いくら性能が高いベアリングでもシャフト部分がスカスカだったり、大きさが揃っていないと全くウィールが回らない。模造品のほうにペニー純正品やNINJAのベアリングを付けて軽く滑ってみたが、音もうるさく伸びが無い状態だった。

重量に関しては模造品のほうが軽い

模造品の重さは1.71kg、よくペニーの重さで言われる重量だ

 両方の写真を撮っている内に重さにかなり違いがある事に気づいたので重量を測ってみた。模造品のほうは1.7㎏でよくペニーの重量と言われる数値だった。という事は純正品ってもうちょっと重いのではないだろうか。

驚異の2.10kg、かなり重い

 予想以上に重かった。スペック上では1.8㎏ぐらいのはずなのに!

シャークウィールに変えてたのを思い出した

 そういえばウィールを70㎜のシャークウィールに変更していたのだった。つまりこのウィールと純正のウィールに戻せば正確な重さがでると思われる。全部戻すのは面倒くさいので純正のウィールの重さを測ってみる。

ベアリング込みで134g

 どちらもベアリング込みで70㎜が174g、純正ウィールが134g、差は40gなのでこれを4個分の160gを引くと純正品の重さが出るわけだ。それにしても純正品は1.94㎏と思っていたよりも重かった、こんなに重かったかな……

純正品と模造品の比較表

ペニー純正品ペニータイプ模造品
価格8,000円~1,980円~
重量1.94kg1.71kg
剛性×
性能×
品質×

 剛性は耐荷重にも関わってくる部分なので、体重がある人は乗り心地がかなり変わってくる部分なので注意したい。こう見ると模造品は良いところが無いのだが、走行性能の悪さというのは初心者にはあんまり進まないので最初の練習程度には使えるかもしれない。といっても無理やりひねり出したような理由なので選ぶなら純正品を選びたい。

模造品を買ってペニーだと思うのは……

 試しに安い製品を買ってみて乗れるようなら純正品を買ってみようとか、同じものならより安いほうを買おう、といった感じで模造品を手に入れる人は多いと思う。しかし、この走行性能や乗り心地がペニーだと思われてしまうのは残念でならない。

 ミニクルーザーの形は選択肢が多々あるのだが、どれにすれば一番無難かと言われればペニーの純正品を薦める。最後に

  • しっかりと乗るなら純正品を選ぼう
  • インテリアやファッションならば模造品もアリ
  • 模造品はパーツを変えてもそんなに性能は変わらない

 といっても私はペニー以外にはあまり乗った事ないので最終的には好みである。良きペニーライフを~

小林ライオンヒート

ミニクルーザーに乗り始めて一年ちょっと、スイスイ~と滑る楽しさを皆さんに知って貰いたいために頑張っています。ミニクルーザー以外にも似たような乗り物あれば乗ってみたいと思ってます!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする